GME医学検査研究所の性病検査キットは信頼できる?実際に利用してみた体験談を公開

GME医学検査研究所の性病検査キットを利用してみました。
これからGMEの検査キットを使ってみようと考えている方に向けて、私が利用した体験談をこの記事では公開しています。

GME医学検査研究所の詳細はこちら(公式サイト)

GME医学検査研究所で検査キットを購入して性病検査をしてみた。

HIV検査 スタンダードパッケージを購入してみた。

HIV検査スタンダードパッケージを購入しました。
GMEでは、スタンダードパッケージとローコストパッケージの2種類があります。
検査できる項目は同じですが、下記のような違いがあります。

※表は左右にスクロールできます。

スタンダードパッケージ ローコストパッケージ
金額(税込)
4730円3440円
梱包箱+茶封筒アルミ封筒
予備キット有りなし
採直しキット無料有料(1080円)
発送ヤマト運輸(宅急便)ネコポス(ポスト投函)
届くまでの日数 1〜2日程度1〜2日程度

値段は少し高いですが、まだ検査に慣れていないので予備キットがつき、失敗した場合の採直しキットが無料のスタンダードパッケージを選びました。

申込みから2日後に、クロネコヤマトの宅急便で到着しました。
品名は『商品』と記載されているので、これが性病検査キットとは外からはわからないようになっています。

茶封筒の中に、今回購入したHIV検査キットが入っています。

箱の中には、
・検査キット
・検査申込書
・検査キット取扱説明書
・返信用封筒
が入っていました。

まずは、検査セット取扱説明書を確認。
検査の流れはこれにすべて記載されているので、確認しながら勧めていきます。

検査申込書に必要事項を記入します。
複写になっていて、1枚目が返信用、2枚目が保管用になっています。

採血には、この採血用の検査キットを使用します。
予備キットも付属しています。

袋を開けると、採血セットと採血方法説明書もあったので、採血方法をしっかりと確認します。

イラスト入りで手順が記載されているので、わかりやすいなと感じました。

採血の様子を動画で撮影しました。

GMEの検査キットで血液採取をした

採血器具で血液を取るときに、チクッとした痛みを感じます。
冬場に指先が静電気で『バチッ』となる痛みと似ている感じがしました。

写真のように、4箇所に血液をつけます。
本当は、もっと多くの血液をつけたほうが良いと思いますが、とりあえずこれで検査をしてみようと思います。

数時間したら血液が乾くので、袋に入れ、一緒に同封されていた『検査申し込み番号』のシールを張ります。

・検査申込書
・採血した紙
・採血に使用した針(ランセット)
を返送します。
採血に利用した針を返信するのは、医療用ゴミとして処分してもらうためです。

封筒に入れ、自宅近くのポストに入れ返送し、検査結果が届くまで待ちます。

検査結果は郵送とネットの両方から確認できる

検査結果の確認方法は、郵送とネットからの確認の2種類を選ぶことができます。

郵送での検査結果は、簡易書留で届く

郵送での結果を希望すると、簡易書留にて結果が郵送されます。
簡易書留だと、受け取り確認が必要になります。
初回配達の際に、受け取りができなかったので、再配達を依頼し受け取りをしました。
身分証明書などは必要なく、サインのみで受け取りができました。

封筒の中にはA4サイズの検査結果が記載されている用紙が入っています。
写真では少し分かりづらいですが、検査項目と検査結果が記載されています。

今回の検査結果は陰性で異常はありませんでした。

ネットでの確認は、検査結果確認ページから検査結果を確認する

ネットから検査結果を確認するにはGME医学検査研究所の公式サイトにアクセスし、検査確認専用サイトに飛びます。

安全なSSL版で結果確認を選択。

検査申込書に記入した、
・検査申し込み番号
・パスワード
を入力します。

検査結果確認を押します。

『結果詳細』と記載されている緑色のボタンを押します。

この画面で検査結果を確認できます。
検査結果に『(ー)』の陰性の記載があり、HIVに感染していないことが確認できました。

GMEの検査キットを最安値で買うにはクーポンが必要

商品を購入すると、クーポンコードがついています。
楽天やAmazonで購入するよりも、このクーポンで購入したほうが安く購入することができます。

次回購入するときに必要になるので、クーポンコードを控えておくか、この用紙を保管しておきましょう。

まとめ。GME医学検査研究所の性病検査キットを利用してた感想。

GME医学検査研究所はローコストパッケージがあるので、2回目以降はそちらを使って検査をしてみようと思います。
クーポンも付属しているので、定期的に検査するにはかなり良い会社だと感じました。

NHKの『おはよう日本』などのメディアで取材されていることもあり、注目されている企業だと思います。

GME医学検査研究所の詳細はこちら(公式サイトへ)